チームで評価される組織作りを目指して

髙瀬 可那夢

プロジェクトマネージャー

髙瀬 可那夢

2020年 中途入社

宮城県仙台市出身。前職では、モバイルゲーム会社で3Dキャラクターモデラーとして働く。その後転職し、2020年にバウハウス・エンタテインメントに入社。現在は案件内のリーダーとして数人のメンバーの管理業務・お客様とのやり取りを行いつつ、3D ENV(背景)業務を行う。

目次

入社前の経験 志望理由と入社の決め手 普段の業務内容 業務のやりがいと難しさ 社風とメンバーの人柄 熱中していること 今後の目標 応募者へのメッセージ

入社前の経験

学生時代には専門学校でCGを学んでいました。チームでゲーム制作をする機会があり、そこでゲーム作りの楽しさを学んだことが大きなきっかけとなって、この業界への就職も考えるようになりました。

ゲーム業界での働き方については、就職活動を通して詳しくなっていったように思います。なので、実際に働き始めてからも、業務内容には大きなギャップを感じることはありませんでした。

前職時代には、モバイルゲームの3Dキャラクターモデラーとして武器やアバターなどの3Dモデリング制作などを担当していました。コンシューマゲームの案件にも携わり技術の向上にアンテナを張り続けたいと思って、転職を考え始めました。

志望理由と入社の決め手

転職サイトや転職エージェントに紹介されてバウハウス・エンタテインメントのことを知りました。選考を進めていく上で自分でも調べて、携わっているタイトルが魅力的かつ、社内で協力して社員を育成していく社風に、自分の考えとの近しさを感じました。

私の場合は中途の転職ということもあり、新卒の時とは違って実務経験を求められるので最初は不安もありました。しかし、面接などを通して、会社に入ったらどういう活躍ができるのか、入社前後で業務内容にギャップが起きないか、どんな価値観で働くのかなどを会社とすり合わせることができたと思います。

最終面接に役員が勢ぞろいだったことは印象的でした。自分の人間性や考え方を深堀するような内容の面接で、その上で内定をいただけました。なので、自身の考え方に自信をもって、入社後も芯を持ち続けて働いていこうと思えました。

普段の業務内容

プロジェクトにもよりますが、主にコンシューマゲームの3D背景業務を担当しています。入社後、最初に配属されたのは背景レイアウト業務でした。レイアウト班4.5人、アセット班5人のチームで一緒に仕事をしました。

また、現在はプロジェクト内のリーダー業務も担当しています。数人のチームメンバーの進捗状況の管理や、成果物へのフィードバックも行います。同時並行で、お客様への進捗共有などのやり取りも担っています。

業務のやりがいと難しさ

お客様から評価していただいた時はやっぱりうれしいです。「制作に携わったゲームがリリースされたらいろんな人がプレイして楽しんでくれる」と思うだけで、やりがいを感じ、モチベーションが上がります。

難しさを感じることがあるのは、チーム内のメンバーとのコミュニケーションや指導です。制作に行き詰まると、担当者の修正がどんどんと正しい方向から離れていってしまうことがあります。そういう時はメンバー間で意見を出し合い、一歩引いた視点で現状の問題点を見直すことを意識できるように指導しています。個人としては、自分の考えている内容を他のメンバーに共有する際に、まだ言葉足らずなのではないかと自分の発言を見直すときがあります。なるべく意図を汲み取りやすい言葉選びができるように努力し続けたいです。

社風とメンバーの人柄

落ち着いて制作業務に取り組める環境が整っていることが一番のポイントだと思います。オフィスの制作用PCや椅子、休憩室など、設備がしっかりしているだけで安定して業務に集中できると思います。

社員の人柄としては、入社前までは少し硬い会社のイメージだったのですが、意外とそんなこともありません。メリハリをもって働いている人ばかりです。仕事中には専門用語や技術的な話も多く飛び交いますが、雑談となると遊んでいるゲームの話をしたりと和気あいあいとしています。

また、社員の育成には力を入れていると思います。新卒の方などの研修期間を見ていると、すごくしっかりとした育成がされていると感じます。業界の流れに合わせて教育フローを変化させていく意識も感じられるので、未経験の方にもおすすめできる環境だと思います。

熱中していること

平日は集中して仕事をしている分、メリハリをつけるために休日は本能のままに過ごしています。寝たいときはずっと寝ていることもありますが、動き回っているときもあります。

スポーツは子どもの時から好きで、小学校から高校までサッカーをしていました。高校卒業後もフットサルを頻繁にしていました。最近はあまりできていないので、ぼちぼちまたボールを蹴る運動をしたいなと思っています。自分でプレイする以外にも観戦するのも好きで、最近はFPS系(シューティングゲームの種類)のスポーツ観戦にはまっています。

料理も趣味で、休日は美味しいものを作るために買い出しに行くのも楽しみにしています。

今後の目標

個人だけではなく、チーム全体で評価されるようなチーム作りができるリーダーを目指しています。そのためにも、気軽に喋りかけやすい人間になりたいなと思っています。

また、制作面では、小物作りなども好きなので細かくても大量にモデルを制作する業務をやってみたいと思います。

応募者へのメッセージ

バウハウス・エンタテインメントには様々なプロジェクトがあるので、どんな仕事にも意欲的に責任感を持てる人と一緒に働きたいです。

私も面接を通してより深く考えられましたが、自分のやりたいことやこの業界でどんな人材になっていきたいかなど、しっかりと自分の意思を持って応募してみてください。

一緒に働くメンバーからひとこと

木ノ本 学さん

髙瀬さんはお客様とバウハウス・エンタテインメントのデザイナーたちの間で非常にうまくバランスを取ってやり取りをしてくれます。比較的難しい要件にも柔軟に対応し、尚かつデザイナーたちとの摩擦も少ないのは、中間で髙瀬さんが情報伝達を管理してくださっているからだと思います。

また、デザイナーとして技術的なアドバイスもわかりやすく伝えてくださいます。例えば、背景などのレイアウトに関して多角的にものを見たり、創意工夫によって成果物の質を向上させる方法を教えていただきました。一緒に働くことで自分のデザイナーとしての成長を日々実感できます。

3DCGの技術を身につけ
ゲームの世界を一緒に作りませんか?

未経験から、長く活躍できる3DCGデザイナーへ。自らの成長と共に、
IMAGICA GEEQ 3D東京/大阪スタジオグループという組織を育てる仲間を募集しています。