新たな発見と学びにあふれる成長し続けられる職場

林 さこ

モデラー

林 さこ

2020年 新卒入社

神奈川県出身。多摩美術大学美術学部彫刻学科卒業。2020年にバウハウスエンタテインメントに新卒で3Dモデラーとして入社。背景制作チームでプロジェクトに参加中。

目次

入社前の経験 志望理由と入社の決め手 普段の業務内容 業務のやりがいと難しさ 社風とメンバーの人柄 熱中していること 今後の目標 応募者へのメッセージ

入社前の経験

大学では石、木、粘土、鉄の素材加工についての基礎的なことから、表現したいことを人に伝えるための最適なアプローチ方法、素材選択まで幅広い分野を学びました。卒業制作では着ぐるみを作り映像を撮るなど、かなり自由に研究をしていました。入社前は、もともとゲーム業界に就職したいと思っていたのでデベロッパー、パブリッシャーの区別程度の知識はありましたが、3Dツールについては基本操作もほとんどわからない状態でした。

志望理由と入社の決め手

バウハウス・エンタテイメントを知ったきっかけは、大学時代、グループ企業のイマジカデジタルスケープの方が講師をつとめるゲーム業界志望者向けのポートフォリオブラッシュアップ講座を受講したことです。受講した際に長期にわたって親身に接してくださり、その時点で会社にとても魅力を感じていました。渋谷オフィスの雰囲気も素敵で、この会社に入りたいと思うようになりました。

選考中は、自分が控えめな性格で言葉足らずになることがあるので、丁寧に話すことを心掛けました。かなり緊張していたのですが、終始和やかにラフな感じで接してくださり安心したのを覚えています。教本に則って3DCGについて学びだしたころで、そのことについて伝えると面接官の方全員でポートフォリオを見てくれたことが印象的でした。ちょっとした言葉や作品でも注目して見ようとしてくれる親身さやあたたかさを感じました。

普段の業務内容

入社後6か月ほどで配属され、背景のモデル作成、テクスチャ作成、アイデア検討を行なっています。作成担当チームは3~4人と常駐先のスタッフ1名で、プロジェクト全体のスタッフは12名程度です。

業務のやりがいと難しさ

現実にないものを本物らしく見せることや、データ容量の制限のなかで問題ないクオリティに仕上げることに難しさを感じます。デザインには正解がないので、試行錯誤の日々です。3DCG未経験のため苦労も多いですが、毎日できることが増えていく喜びもあります。今までの経験や見てきたものが思いがけず活きることもあるのでそういった時に面白さを感じます。

オペレーションでわからないことや技術的に難しいことは、同僚に相談したり自分で調べたりしながら解決しています。CG自体の知識はもちろん、映画や旅行で実際のものを見る経験も重ねながら、仕事に活かしていきたいと思っています。

社風とメンバーの人柄

入社時はすでにテレワークだったためチームのことが中心になりますが、CGやゲーム業界について親切に教えてくださり知識が身につきました。ゲーム業界というとブラックなイメージを持っている方が多いかもしれませんが、休みも十分にとることができ、ホワイト企業だと感じます。わからないこともしっかり教えてもらえる環境で、職場の雰囲気も和気あいあいとしています。リモートワークということもありますが、案件が重なることがないスタッフや同期とはほとんど会うことがない点に少しギャップを感じました。

バウハウス・エンタテインメントの強みとして教育体制の充実があげられますが、そのカリキュラムも少し想像と違いました。講座などの座学は最小限で、進めるペースは個人に任されています。案件に入ってからも実務でわからないことをその都度教えてもらって知識を身につけていくので、躊躇せず質問することが大切です。現場での作業であれば上長が巡回する際、声かけしてくれることもあります。

熱中していること

作品が仕事時の共通言語になることも多いので映画、アニメ、漫画、本など新旧ジャンル問わず観ています。また最近はラジオにはまり、休日はラジオを聞きながら家を掃除することが楽しみです。プライベートでは社会人になってから金銭面での自由度がアップし、ツール問わず講座を受けたり教本を買い、積極的に勉強しています。

学生時代は演劇部に所属していたので、よく観劇もしていました。観てよかったところを言語化して作品に落とし込んだり、感情に訴えかけるライティング演出や小道具の使い方などを学んだことは今の仕事にも活かせていると感じます。

今後の目標

今後は幅広い種類の案件に携わり、現場で役立つ知識を身に着けていきたいと思います。また後進の育成にも力を入れていきたいです。そして「この人に任せておけば問題ない」と安心感を与えられるような人を目指したいです。

応募者へのメッセージ

何事も素直に受け入れ、色々なことにアンテナがはれる人がバウハウス・エンタテインメントの社風や制作業に向いているのではないかと思います。物事に優劣を付けずフラットな態度で接することができる人、仕事とプライベートのメリハリがある人とは気持ちよく働ける気がします。

選考時には素直さ、元気さを意識することが一番です。たとえ未経験でも3DCGに取り組みたいという意欲が伝えられるとより良いのではないでしょうか。

一緒に働くメンバーからひとこと

玉井 美智さん・西園 健一さん

指示に入っていないことでも先方の意図を汲み取り、作業の優先順位を守って制作できるのでクライアントからの信頼も厚いです。気づいたことは積極的に先輩や上長に伝え、こちらの指摘箇所の反映にもとても早く対応してくれます。

またクライアントとのコミュニケーションの場にも積極的に参加し、協調性も持ち合わせているので一緒に仕事をしやすいという印象を持っています。疑問点などを明確に質問してくれたり、こちらからのアドバイスも素直に聞いてくれるのでサポートする立場としては随分助けられています。

3DCGの技術を身につけ
ゲームの世界を一緒に作りませんか?

未経験から、長く活躍できる3DCGデザイナーへ。自らの成長と共に、
IMAGICA GEEQ 3D東京/大阪スタジオグループという組織を育てる仲間を募集しています。